AKS療法®️の理論

当院は、山内義弘先生によって直々に手ほどきを受けた院長による施術をおこなうため、腰のヘルニア、脊柱管狭窄症の改善率が他院に比べて圧倒的に違います。

明らかに突出したヘルニア状態でも85%以上の確率で改善が見込まれます。
ヘルニアによって突出した部位が存在しても周りの関節や筋肉、筋膜の柔軟性を取り戻す事によって、神経の圧迫を取り除き過剰な神経反応を減らすことができます。
突出した部位も正しい治療をする事でカラダのバランスが良くなり、時間の経過と共に小さくなっていくため、手術をしようかと迷うほどのヘルニアでさえも症状の改善が見込まれるのです。

脊柱管狭窄症も患部以外の関節や筋肉、筋膜が原因のことがほとんどであり、ヘルニア同様改善が見込まれます。
特に動き出しから痛い、20分も歩けないような症状がある場合は、治療当日から劇的な改善が期待できます。


☆他院の技術と何が違うのか?
(簡単にご説明させて頂きます)

関節には大きく分けて2つの感じる場所(センサー)があります。
強い刺激を感じる場所(type3)と
弱い刺激を感じる場所(type1.type2)です。
[下記の図をご参照ください]

強いマッサージ、骨を鳴らす治療は強い刺激を感じる場所が反応し、一時的にほぐれますがすぐに症状が戻るだけではなく、さらにおカラダを損傷させる恐れがあります。

しかし、弱い刺激を感じる場所を反応させて正しい関節運動を起こさせると関節は心から納得して動いてくれるため、強い刺激よりも関節の可動範囲が大幅に拡大し痛みが取れていきます。
そのためおカラダへの負担も無く、今日よりも明日、明日よりも明後日と症状がドンドン改善されていくのです。

場合によっては関節を治療しても改善しない時があります。
その時は関節では無く筋肉に問題が多いことがわかります。
筋肉に対してはMCR(筋細胞リリース)と言われる筋肉を細胞レベルでパラパラにほぐす技があります。
この技を駆使してコリ固まり伸び縮みができなくなってしまった筋肉を復活させていきます。
他院にはできないこの技で劇的に症状を改善します!!

色々な病院、治療院へ行っても治らなかった方はこのAKS療法®️による優しくかつ心地良い刺激が足りないために治らない場合が考えられます。

ぜひAKS療法®️を受けに当院へお越しください。
他院でも腰痛専門院として出店してる治療院は多くありますが、他院とはまた一味違う治療に対する自信、知識、技術を味わって頂けたらと思います。

なおAKS療法®️は腰部の疾患のみならず、首、肩、腕の痛みやしびれ、五十肩、膝の痛みなど幅広い疾患に対しても絶大な効果があります。
腰部の疾患以外でもお困りの症状がありましたらご相談ください。

powered by crayon(クレヨン)